新着情報
トップ > 新着情報

2015-12-23

インスペクター事業の成果

国が中古住宅の質を高め流通に乗せることを目的として、それを後押しし始めた。そこで、重要な役目が建築士によるインスペクター事業(建物調査事業)である。現在6つほどの組織が国内にあり、一級建築士などがインスペクターのテストを受け、資格を取っている。筆者もその一人ではある。筆者は欠陥住宅調査を20年行っており、その経験からインスペクターの調査を行う。最近この仕事がめっぽう増えてきた。今後は増え続けることと考える。その成果として中古住宅の質が上がればいいことである。

200151223

 

2015-12-12

欠陥住宅ネットの意見交換会開催

12月11日 私が所属する欠陥住宅ネットの意見交換会が開催された。欠陥住宅ネットは建築士、弁護士、研究者などが組織する全国ネットである。質の悪い建物を購入し泣くのは購入者。いくら裁判で勝っても相手の会社は倒産。こんな例はいくつもある。私も含め欠陥住宅ネットに属する建築士、弁護士はそういった被害者を減らすために活動している。ネットが目を光らすことで、質の悪い建物から消費者を守ることが大きな、大きな仕事である。

20151212

 

 

最近の記事

 

月別アーカイブ

 

  • メールカウンセリング
  • 健康住宅
  • 40代からの新築リフォーム
  • 海外の方へ
  • 住環境ソムリエブログ

 

ページのTOPへ