ブログトップ > 建築確認と完了検査

カテゴリー:未分類 | 2015-09-30

建築確認と完了検査

今建て直しの住宅の設計の真っ最中。ここで大きな問題が現れた。
既存の住宅は30年前に京都の某有名建築事務所が設計したもので、なるほどデザインはよかったが、室内はすべてベニヤとクロス仕上げだった。梁や桁は米松で作られていた。壊すことでその耐久性や耐震性、虫害の影響、有害化学物質の宝庫だったことも判明した。
加えて、建築時には必ず必要な建築確認申請、これは当然とられていたが完了検査が申請されていなかった。京都市とのやり取りでも「なんであの先生の建物が完了検査取ってないんや」と職員が開口一番言った。
完了検査が下りていないことで、いくつもの申請をしなければなり施主には大きな費用の負担と時間を頂戴しなければならない。
検査済書は必ず申請し、卸してももらう。当たり前のことをしないと後々に大きな問題の火種となるのである。

コメントを残す ※ぜひコメントを残してください☆

 

最近の記事

 

月別アーカイブ

 

メールカウンセリング

 


 

ページのTOPへ