実例紹介
トップ > 実例紹介

自然建材を活かした、光を楽しむ家

西村邸

知人の紹介でケイ・ワタベの住まいのカウンセリングを受けられたのがきっかけでした。
施主さまは、33歳の若夫婦。「予算は厳しいけど、最大限、自然素材を使いたい」というのが希望。
自然建材を使うとコストは上がってしまうのですが、今回はいかにそれを抑えられるかが課題でした。

[ポイント]
・体への負担を軽減するために、自然素材を活かした無塗装仕上げ。
・日光を十二分に入れ、四季折々、日の出から日没までの日光の変化を楽しめるような吹き抜け。
・目への刺激を和らげる照明器具、睡眠を妨げにくい照明器具の選択と配置。
・壁内結露防止に役立つ断熱材の使用。

リビング キッチン 寝室の照明 洗面所
リビング キッチン 寝室の照明 洗面所

 

罫線

 

夏涼しく冬温かい、間取りが変化する家

土生邸

築17年の木造2階建て。「寒い!暑い!」というのがリフォームのきっかけでした。
ケイ・ワタベ主催の住まい作りの勉強会に参加された際に、悩みを打ち明けられました。

住まいのカウンセリングを行うに当たり、
・各部屋のダニ量の検査
・電磁波環境の調査
・日射量調査
・部屋の明るさ調査
・建物内の温度分布調査
の簡易調査を実施し、現状を報告。
その結果、リフォームを決心されました。

[リフォーム内容]
・寒さ、暑さを軽減するために密度の高い、適材適所の断熱工事の実施。
・絨毯などをやめ、木材の忌避効果によりダニの発生条件を軽減した。
・ダイニング真上に吹き抜けを設けると共に天窓を設置し、明るさを確保。
・キッチンをアイランド方式にし、動きや安さを確保。
・階段の架け替えとトイレ位置の変更。
・リビングダイニングの間仕切りを可動式に変更。

天窓 アイランドキッチン ダイニングの照明 リビング
天窓 アイランドキッチン ダイニングの照明 リビング

 

罫線

 

温故知新。古材を活かしたバリアフリーの家

中山邸

築100年は経っているであろう古民家の改築です。
ポイントとしては、
・街並みに合わせた外観
・基礎を高くすることで防蟻効果
・できるだけ薬剤を使わないために構造材は無垢材を使用
・風の通り抜け、光の入り具合を調整
といった点が挙げられます。
年季の入った古い建物の古材を再利用し、要所要所で活かすということも心掛けました。

リビングダイニング キッチン リビング 古い戸の利用
リビングダイニング キッチン リビング 古い戸の利用

 

罫線

 

あたたかい感じがする、理想的な学び舎

広島女学院大学

広島にある広島女学院大学の校舎の改装です。
ポイントとしては、
・曲線を多用した優しい印象のデザイン
・除湿・加湿効果があり、保温性も高い赤壁を使用
・風の通り道、空気の通り道を綿密に設計
といった点が挙げられます。
あたたかい感じがする学び舎が完成しました。

コンシェルジュカウンター ウーム 障害者支援開発室 2階ホール
コンシェルジュカウンター ウーム 障害者支援開発室 2階ホール

 

 

このページの先頭へ

 

Menu

 

  • メールカウンセリング
  • 健康住宅
  • 40代からの新築リフォーム
  • 海外の方へ
  • 住環境ソムリエブログ